3連休ですね。
初日は終わってしまいましたが‥

先週の東京出張のツケと、この金曜の会議の疲れが体を蝕み、精神的なストレスも絡んでどうやら胃を痛めてしまった感じです。
鎮痛剤の3倍量投与がいけなかったのかも‥
土曜競馬は、重賞もないことから見送りました。
その分は、月曜のマーキュリーCということで。

◇新潟11R アイビスサマーダッシュ
夏の名物となりました、最短距離での重賞レースです。
地方交流の北海道スプリントSも1000mですが、こちらは直線ですし迫力も違います。
あの広い新潟の直線コースを一杯に広がって馬が走ってくるわけですから‥いや、外に広がってかな(笑)
夏は牝馬と軽量馬よろしく、3歳馬も活躍していますし。
◎7.シャウトライン
〇17.カノヤザクラ
▲12.アルティマトゥーレ
△14.エイシンタイガー
△15.コスモベル
△18.アポロドルチェ
☆8.ゴスホークケン
春の新潟開催で、直千を勝っている7から狙ってみたい。その時は13枠であり今回はやや内をひいてしまったが、後半の追い込みも素晴らしく開幕週で脚を活かしてほしい。1着は無理でも2、3着は可能だろうと思い軸で。
かつてこのレースの連覇はないが、昨年同様大外をひき叩き2走目で期待もてる17、逃げても最後で脚が垂れずこの距離なら逃げ粘れる12が相手。むしろ17と12の一騎討ちもあるか。
以下、CBC賞を2着と古馬に負けない実力を見せつけた3歳馬14、先行逃げ残りならもってこいの鞍上哲ちゃんを擁する15、昨年大内1枠からの不利をものともせず3着で今年は真逆の大外を引き当てた18、久々もスタートダッシュ鋭く1000mをブッちぎる気配も考えられる8まで。
3連複F7.17−17.12−12.14.15.18.8
単勝8も。
昨年も今年の春も不発だった新潟の借りを、少しでも返したいものです。

◇札幌9R マリーンS
ここは連勝街道驀進中の日本晴れをおいて他にはいないでしょう。
しかもアンカツだし、55kgだし。
◎1.マチカネニホンバレ
〇7.シルククルセイダー
▲6.フリートアドミラル
△2.カリオンツリー
☆10.エプソムアーロン
相手は大沼S2,4着で。最後追い上げも叶わず4着だった7の上積みに期待しこちらを上位に。直線最後で粘りきれない6も、頭はなくても馬券圏内は堅そう。
以下、男フジタが北海道で選ぶ馬には勝負気配あり、大沼S6着からの逆転を期待し2、出遅れさえなければ先行粘り残りも期待できる10まで。
3連複F1−7.6−6.2.10
札幌の砂は公営並みに重いと聞いているので、その点がどう影響するかですね。

胃が痛い‥今度は胃薬の倍量投与で(おいおい)
親方様のおっしゃる通り、馬よりも競馬ファンの方が胃痛になりますね(汗)